デジタル時代に必要とされる転職支援、それは「本当に人が介在する」サービスデジタル時代に必要とされる転職支援、それは「本当に人が介在する」サービス
株式会社プロコミット 代表取締役社長 清水 隆史 株式会社プロコミット 代表取締役社長 清水 隆史

「クオリティ・アライアンス」とは、いったいどのようなものですか。

清水
スタンスを同じくする人材紹介会社やキャリアコンサルタントが、キャンディデート及び採用企業に対してサービスの品質とさらなる品質向上に取り組むことを表明し、それを実現できるよう日々研鑽し続けるというアライアンスです。
丸山
クオリティ・アライアンスをスタートする背景には、我々の問題意識があります。人材紹介業は個人の一生を左右する大事な場面に関わり、企業に対しても必要な戦力を確保するという非常に重要な仕事ですが、現状では単なる情報提供にとどまりキャリアコンサルタントが介在する価値が感じられないサービスが見受けられるのも確かです。

こうしたサービスのほうが多くなってくると、やがて人材紹介業が世の中から必要とされなくなる方向に向かうのではないか。自分たちは人材紹介会社が介在する価値が何かを明確にし、それを高めていかないとお客様から必要とされなくなってしまうのではないか。そんな危機感を抱いています。

清水
人材紹介業には、きちんと成果をあげる「成約力」と、それを「善きスタンス」で行うというモラルの両方が求められます。我々はこの「善きスタンスで、良き成果を上げる」という領域に位置し続けられるよう、お互いに協力して人材紹介業が持つ本来の価値を磨き、高めていきたいと考えています。
丸山
このような取り組みを始めるきっかけになったのは、あるイベントのパネラーとして出席したときに、同じくパネラーだった清水さんと舞台裏も含めいろいろなお話をする機会があり、お互いの問題意識が一致したことです。
清水
前述した現状への問題意識に加え、私たちがもう一つ共有しているのが「未来に対する問題意識」です。採用の世界ではダイレクトの勢いが増しています。すなわち「採用企業と転職希望者が直接出会ったほうが採用コストは下がり、志望度の高い人が採用できる」という考えです。一方で、「ダイレクトでは選択肢が多過ぎて選べない、選ばれない」という実状がまだあります。
ところが今後、人工知能(AI)の発達で「選択肢が多過ぎても選べる、選ばれる」という状況になると、「人間が介在する価値」がどこに残るかが重要なポイントになってきます。もしその価値がなければ、個人も企業も「人材紹介会社に頼まなくていい」という結論になってしまいます。私は人工知能が発達しても人間が介在する価値は残ると考えていますが、同時に、サービスのクオリティが高くなければそれを提供することはできないという危機感も持っています。
丸山
現在も、将来にわたっても生き残っていくためには提供する高度な機能と、それを支える能力と倫理観の双方を磨き、兼ね備えておく必要があります。クオリティ・アライアンスはそのための取り組みです。
競合という壁を乗り越え、人材紹介の真のプロを目指す取り組み競合という壁を乗り越え、人材紹介の真のプロを目指す取り組み
株式会社クライス&カンパニー 代表取締役社長 丸山 貴宏 株式会社クライス&カンパニー 代表取締役社長 丸山 貴宏

具体的にはどのような取り組みを行っていくのですか。

丸山
大きくは「私たちはこういう存在で、このような姿勢で業務を遂行します」という内容をしっかり明文化した倫理憲章の研修と、サービスを向上するためのトレーニングに取り組んでいきます。たとえば自分の経験だけに頼るのではなく、国際的なキャリアカウンセラー資格であるGCDF(Global Career Development Facilitator)や2級キャリア・コンサルティング技能士などキャリア論の勉強をしっかり行い、理論的な裏付けを持ちながら現状を把握して、プロフェッショナルなアドバイスをできるようにしていく。
.. 加えて、キャリアコンサルタントに不可欠な面談スキルは一度習得すれば終わりではなく、継続して磨いていかないとすぐに

さび付いてしまいますから、これを定期的にトレーニングしていきます。また、採用企業から頼りにされる存在であるために、その会社を深く理解した上で最適な人材を探し、かつその人を口説けるスキルも磨いていきます。

清水
これらの取り組みはすでに昨年末からトライを始めています。最初はクライスさんが長年にわたり体系的なノウハウを築いてきた面談トレーニングプログラムにプロコミットのキャリアコンサルタントが参加する、という形でスタートしました。当社から見るとクライスさんは真摯にキャンディデートに対する面談の付加価値向上に取り組み、ユーザー体験を高め続けている会社です。1回の勉強会でできることは限られていますが、これをやっていけばキャンディデートに提供できるものがレベルアップすると感じています。
 そして最近は採用企業の事業構造をえぐって採用ニーズに迫り、それを共有してキャンディデートに伝えるノウハウについてもトレーニングを行いました。こちらは当社が強みとしている部分です。これらのプログラムには、お互いのキャリアコンサルタントの9割以上が参加し、非常に有意義な場になりました。
丸山
プロコミットさんのお客様はベンチャー企業が多いので、大企業を想定しているキャンディデートをしっかりフォローし「よし、ベンチャーで活躍してやろう!」とモチベーションを高めるようにしていかなければなりません。先日の勉強会ではその凄みの一端を垣間見た気がしました。要はお互いの強みを持ち寄り、お互いに学んでいるのがクオリティ・アライアンスというわけですね。門外不出とまでは言いませんが、自分たちが大切に磨けあげ続けてきたオリジナルのノウハウを共有し、キャンディデートと採用企業という2つのお客様に対して付加価値を高めているのです。
清水
はたから眺めると非常に変わった取り組みに見えると思います。クライスさんと当社は競合ですから。しかし、これまでの交流のなかで感じているのはカルチャーというかフィロソフィというか、それぞれが大切にしているものが非常に近いことです。だからこそクオリティ・アライアンスのようなチャレンジが可能になりますし、良質な化学反応も期待できると考えています。
自力では難しい転職・採用を実現する力を、徹底的に磨く取り組み自力では難しい転職・採用を実現する力を、徹底的に磨く取り組み

今後、クオリティ・アライアンスをどのように発展させるお考えですか?

丸山
提供するサービスの品質を高め、発展させる志のある経営者、およびキャリアコンサルタントの方々に参加していただきたいと思っています。拡大することが目的ではありませんが、そういう人たちが増えていくことを望んでいます。
清水
付け加えると、サービスの品質を高めるためには相当な努力を継続的に行わなければいけませんから、その意思と実際の行動が必須になります。同業のプロが見つめるなかでアウトプットする場面も多いので、その点でもかなり大変です。
クオリティ・アライアンスに参加することの効果は2つあると思います。1つ目は、「目印効果」です。サービス品質向上の取り組みを宣言することにより、共通のフィロソフィを持ち、能力向上のための具体的な努力をしていることを、目印として採用企業とキャンディデートに示すことができます。2つ目は、「自律効果」です。外部に宣言することで、自ずとそれに恥じない努力をするようになるという自律作用を期待しています。見方を変えれば、自分たちにとって、非常に緊張感のある取り組みとも言えます。今現在はパーフェクトではないことが前提であり、出発点ですから。
丸山
人材紹介業の原点は、本当の意味での「介在価値」の発揮だと私は考えています。採用企業が嬉しいと感じるのは、自社の力では発見できない、もしくは採用できないような人を採用できたときですよね。よく「企業力を超えた採用力を提供する」と私は言っていますが、企業が普通に採用活動をしていたら興味を示してくれない人が、私たちが介在することで入社を検討してもらえるようになる。これが企業に対する介在価値です。
キャンディデートに対しては、いくら広いネットワークを持っている人でも、キャリアコンサルタントから見れば非常に限定的な世界に留まっていたりします。当然、そのなかで用意される選択肢と判断も限定的にならざるを得ません。ところが我々が介在することで「こんな面白い世界もあるんだ」「自分にはこういうこともできるんだ」と、キャンディデート自身も気付いていない可能性が開かれていきます。クオリティ・アライアンスを通じ、こうした介在価値を発揮できるキャリアコンサルタントがいっぱいいる業界にして、社会から本当に必要とされ発展していく姿をつくりたいと思っています。
清水
当社は成長企業を専門としているので、紹介した方が経営陣として成長に貢献したり、新規事業の立ち上げに成功してグループ会社社長に就任するといったケースがよくあります。「我々の事業が成長したのは御社のおかげです」と感謝の言葉をいただくこともたくさんあって、人材紹介業は非常に貢献感と提供するバリューの大きい事業だと日々感じています。企業が「自社をよく理解してくれて、味方をしてくれるパートナー」として見てくれているから、そんな言葉もいただけるのだと思います。
そうしたお客様からの信頼をもっと多く、もっと大きくしていくには「正しい努力」の継続が不可欠です。しかし自社だけで正しいと思っていることは、往々にして独善に陥りがちです。また、原理原則は変わらないとしても、環境の変化は必ず起こるので、「正しい努力」と位置付けたことが最適であり続けるとは限りません。クオリティ・アライアンスに取り組む意味はまさにそこにあります。異なる体験を積み重ねている人たちが高い水準で交流することで、努力の正しさや適切さを保ちながら、「正しい努力」を継続していくことが可能になると考えています。